お気持ちブログ

久しぶりです。大会がなくモチベがどこかにいってます、、

そんな中、久しぶりにゲルをした際に、新しい可能性を感じて、ついにナイトを組みました。(カードは揃ってない、、)

デッキは楽しくて満足なのですが、なかなか不自由に感じる部分があったので、まとめです。

 

1. デッキコンセプト

あまりお勧めできる仕上がりではないので、コンセプトだけ。青と白(黄色?)がナイト用の色だと思います。TDや低コストのカードの多さから、そう感じてます。ただ他の色と比べると0コストのカードが場面を選ぶものが多く、手札に持っておけるというナイトの特性に合わせてあるのかなと思います。

じゃあ、青白が良いのかというと、あまり良くないと考えていて、理由としては、CNTの弱さです。弱いというよりは、生物を触れないということが問題です。

ゲームのシステム上相手へのダメージをどれだけ与えられるかが重要です。そのため、攻撃エリアにあるカードを攻撃して処理をするのは、結果的にゲームが遅れてしまいます。

f:id:amyuru:20210121100955j:image

単体6点で、ZAP!ZAP!ZAP!と違い使いにくいが、数少ない大型を処理できるカード。ですが、小型をまとめて処理できず捲れるのを期待してダメージを受けるには、タイミングが絞られていて使いにくい。

f:id:amyuru:20210121101233j:image

1点足りません、、

かなしいカードプール。そのため、コンセプトとしては、青 or 白のナイト用カードと強いCNTを持っている色で考えました。

f:id:amyuru:20210121102713j:image

数少ない手札増えるカード。触ると選択肢が増えて良さげ。

 

2. 問題点

他のTCGで言うコントロール的な方針で、構築を考えましたが、なかなかに問題が多かったです。

まずは、エナジーの問題。わかってはいましたが、使ってみると想像以上で、コンセプトで入れた、CNT持ちを引いたときが使いにくく、相手のドライブやドローを未来予知しなければなりません。構えたけれど、相手の動きが弱い。逆にこっちが動いたら、相手も強い動きをしてきた。などなど。

f:id:amyuru:20210121103906j:image

現状のカードプールでは、構えて噛み合わなかった際のリスクが大きすぎました。同じく3コストで即時のドローのような、相手の弱いアクションを咎めるようなカードが必要ですね。

 

次に、手札か増えるカードの少なさも問題に感じました。現状は、星詠みとビッグオウルくらいしかなく、青白にしても8枚までしか採用できません。またビッグオウルはタイミングが遅く、増えたカードが使えるのは次のターンです。

アプレンティスとの差別化を1ターンに、行えるアクション数には限りがあるが、選択肢が多いというところに見出だそうとしていたので、思うようにはいきませんでした。

 

3. まとめ

いろいろ動かした結果、私がナイトに求めていたものは、現状のナイトにはないということがわかりました。

相手ターンのアクションだけを考えるのであれば、アプレンティスのほうが優れていますね。

強いカードを入れるというよりは、ハンドにカードを貯めて強く使うルーラーなのかなと思いました。そっちのコンセプトは皆さん頑張っているので、良さげな構築を見かけるのを楽しみにします。